鍼灸・漢方

西洋医学以外の治療法ないの?と探されている方いらっしゃいませんか?

などのお悩みをお持ちの方がいましたら是非下記をお読みください

漢方薬ってどんなイメージ?

苦い?飲みづらい?体質改善ができる?副作用が少ない?
など様々なイメージを持っている方がいらっしゃると思います。
漢方とは中医学で処方される生薬です。
中医学は約4000年前に発祥し臨床経験と歴史に裏付けられた理論に基づき発展してきた中国の伝統医学です。

よく、バランス医学、オーダメイド医学、予防医学なんて言われています。

中医学の良さは現代の西洋医学と異なる視野を持ち、治療の選択肢が広がること。

より体に負担の少ない治療や症状のコントロール、体質強化などに効果があり、慢性疾患や術前術後の負担の軽減にもつながり生活の質の向上になります。

どうぶつ診療における中医学の目標は“ペットと飼い主が少しでも長く楽しい時を過ごせること”です。
より元気で長生き、病気や症状を緩和し、苦しまない健康を維持できるよう漢方薬という側面からお手伝いできればと思います。

当院で取り扱う漢方薬は動物専用薬(イスクラ産業のQUANPOW)です。

  • 全て錠剤(ただし飲みやすいように水やシロップに溶けます、粉でも処方可)
  • 原料は植物と動物(全て食べられるものです)
  • 西洋薬と併用可能
  • 安全性が高い(残留農薬検査基準の1/100以下を採用、人も飲めるものです)
  • 防腐剤、着色料不使用
  • 厚生労働省の食薬区分のため保険適用外

注意点

  • 植物や動物が原材料のためアレルギーの子は処方時確認が必要です
  • 即効性のある漢方もありますが、体質改善を目的にすることが多いため最低でも1ヶ月以上は続けてましょう。
  • 西洋医学との併用治療を行う場合もあります。

様々な適応症例

適応症例は様々あります
弁証論治という中医学の手法でその子の体質や病気の状態を把握し処方するのが原則です。
そのため、西洋医学で同じ病気の診断が下りても、その子の体質によって処方する漢方は異なることがあります。
しかしながら、わかりやすく西洋医学の疾病で捉えると、皮膚科、整形外科、消化器科、泌尿器、腫瘍科、内分泌科、精神科、神経科、眼科、老犬や老猫の治療など科に分類される疾病だけでなく未病や術後など様々な状態に処方することが可能です。

将来的には中医学の治療方法の一つである鍼灸や温灸、レーザー針などを活用し、よりどうぶつに元気になってもらう方法を取り入れていきます。

まずは漢方から。
気になった方は是非お問い合わせくださいませ。